とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

次に受けるべき資格試験は?

こんばんは。ハンバートです。

 

前回の記事でご報告いたしました通りITILファンデーション試験も終わり、一息ついているのですが次の試験について考えていきたいと思います。

 

とはいっても今年度中は業務もぼちぼち立て込んできているので、来年の春くらいになるかな、という見込みです。

 

IT初心者向けの資格試験とは?

その1)基本情報技術者試験

 

ITパスポート、ITILファンデーション次に受けようと思う試験のひとつめが基本情報技術者試験です。

この試験はITパスポートと同じく、IT業界の登竜門ともいえる試験との意見が多くみられますが、大きな違いはその出題範囲の広さです。

 

ITパスポートも範囲が広い試験ではあるのですが、基本情報技術者試験ではそれを上回る出題範囲であると言えます。

 

アルゴリズムプログラミング言語に関する問題が出題されることが大きな違いの一つですが、多くの方は初心者でもしっかり勉強をすれば受かる可能性はあるとしています。

 

その2)LPIC

次に受けようかどうか考えている試験はLinux技術者認定試験、通称LPICというLinuxサーバに関する試験です。

 

受けようか考えている理由は、業務で扱っているサーバの一部がLinuxサーバであるためです。

こちらの試験は難易度がいくつかに分かれているのですが、一番簡単なものから受けていこうと考えています。

 

試験内容はそれほど高度なものではないようですが、コマンドを自分で入力しなくてはいけないようですので、こちらもしっかり対策をすることが求められるようです。

 

 

言うまでもなく通常業務が最優先ですので、それに支障がないように勉強を進めていきたいな、と思っております。

次回からは、もう少し詳しく試験内容等について調べて投稿したいと思います。

広告を非表示にする