読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

Oracleエラー発生(ORA-04031)

みなさん、こんにちは。
週5出勤、週7出撃でおなじみのさいばーきゃっとです。

最近、念願のMacBook Pro 13インチ(2015 Early)を購入することに、成功いたしました。時間がなくて、まだ開封の儀を行っておりませんが、今週末にでも、開封の儀を行い、簡単なレビューでもしていこうかなと思います。

 

さてさて、今回はOracleエラーについて、お話していこうと思います。

先日、Oracleデータベースのバックアップ中(エクスポート中)に、Oracleエラーが発生したんですよ。Oracleエラーが発生することは珍しくありませんが、その時発生したエラーは稀有なもので、初めて見るエラーでした。

 

Oracleエラー(ORA-04031)

  • ORA-04031: 共有メモリーの4096バイトを割当てできません。

さてさて、Oracleデータベースのバックアップ中(エクスポート中)に、上記のOracleエラーが発生したのですが、正直意味がよくわかりません。共有メモリーが不足したことにより、エラーが発生したんだなーぐらいはわかりますが、そもそも共有メモリー自体をよく理解していませんし、共有メモリーが不足するとエラーが発生するだなーぐらいしか理解していませんでした。

とりあえず、共有メモリーについては、また後日調べることにして、第一優先はこのエラーを解決するための対応を行わなければなりません。

 

Oracleサーバを再起動する。

調査した結果、Oracleサーバを再起動をすることにより、このOracleエラー(ORA-04031)が解決されるそうなんです。

どんな因果関係?と、心の中で思いながらも、Oracleサーバを再起動したことで、無事にOracleエラー(ORA-04031)が解決され、Oracleデータベースのバックアップ(エクスポート)を正常に行うことができました。

 

めでたし、めでたし

 

今回の記事は、その時のエラー対応を簡潔に綴っているだけですので、次回に「なぜOracleサーバを再起動することで、ORA-04031が解決されるのか」を、探っていこうと思います。

広告を非表示にする