読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

タスクスケジューラを使用してみよう

皆さんこんにちは!!

どうもchikokokoです。

 

今回はタスクスケジューラについてご紹介したいと思います。

 

タスクスケジューラとは

タスクスケジューラとは決まった時間にあらかじめ設定し、アプリケーションを

開けるようにしておいたり、作成したバッチを指定した時間に実行することが

出来るようになります。

メリットとしては例えば深夜2時に作成したバッチを実行したい場合にわざわざ深夜の

2時に手動で実行する必要がなくなります。

ちなみですが、タスクスケジューラというのはwindowsでの環境で呼ばれており、

Linuxではcronと呼ばれています。

 

タスクスケジューラ設定方法

タスクスケジューラの設定画面を開く方法として、

コントロールパネルから「管理ツール」を選択します。

 

f:id:cloudy0901:20160821132215p:plain

 

管理ツール画面からタスクスケジューラを選択します。

f:id:cloudy0901:20160821132421p:plain

 

タスクスケジューラの「基本タスクの作成」を選択します。

f:id:cloudy0901:20160821132007p:plain

 

タスク名を入力し、必要であれば説明のところにタスクの説明を入力します。

入力後、次へを選択します。

*最低名前を入力しないと次へは選択できません。

f:id:cloudy0901:20160821133232p:plain

 

タスクを実行する頻度を設定します。

毎日、毎週決まった時間だけではなくPCを起動したときやログオン時にも

タスクスケジューラを起動させることができるので良いですね!!

f:id:cloudy0901:20160821133726p:plain

 

起動する時間を設定します。

*コンピュータの起動時とログオン時を選択すると、起動する時間は設定する必要は

ありません。

f:id:cloudy0901:20160821134030p:plain

「特定イベントのログへの記録時」を選択すると以下の画面が出てきます。

f:id:cloudy0901:20160821134343p:plain

 

タスクでどの操作をするのかを設定します。

バッチ等を実行させたい時は「プログラムの開始」を選択します。

f:id:cloudy0901:20160821134551p:plain

 

開始させるプログラムを選択します。

「参照」を選択し、実行させたいプログラム、バッチを設定します。

f:id:cloudy0901:20160821134850p:plain

 

選択後、「次へ」を選択します。

 

f:id:cloudy0901:20160821135643p:plain

 

設定を確認後、「完了」を選択するとタスクスケジューラの設定完了です。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

広告を非表示にする