読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

使える!!ショートカットキー

みなさん こんにちは!!

どうもchikokokoです。

 

今週から新しい仲間が増えましたので、

土曜日に自分は記事を記載していくことになりました。

よろしくお願いいたします。

 

今回は皆さんが普段何気に使用していると思いますショートカットキーについて

使用頻度が多いwindowsmacの両方ご紹介したいと思います。

 

書類を作成するうえで使えるショートカットキー

windowsでいうword、excelで一番使用するショートカットキーといえば

コピーと貼り付けでしょう。

 

コピーはwindowsでは

ctrl+c

macでは

command + Cを使用します。

 

貼り付けは

ctrl+v

macでは

command + Vを使用します。

 

他には

ctrl+s  編集しているファイルの上書き保存を行うことが出来ます。(windows)

command + S  (mac)

 

ctrl+a  すべてを選択(windows)

command + A  (mac)

 

ctrl+b  文字を太字に変更することが出来ます(windows)

command + B  (mac)

 

画面を切り替えたいときに使えるショートカットキー

alt+tab  ウィンドウの切り替えを行うことが出来ます。(windows)

command+tab  (mac)

 

windwsキー+D  すべてのウィンドウの最小化を行ってくれます。(windows)

option + command + W  (mac)

 

alt+F4  開いているアプリケーションを閉じます。(windows)

command + q  (mac)

 

windowsキー+数字  デスクトップのツールバーにあるアプリケーションを開く

          (windows)

           *数字はツールバーに配置してあるアプリケーションの

           順番によって変わってきます。

 

(mac)

macでショートカットで開くようにするにはSpotlight 機能を使います。

「Control + スペース」Spotlight 検索ウィンドウが開きます。

Spotlight ウィンドウの左下にある「キーボードショートカット」をクリック

        ↓

Spotlight 検索を表示を確認後

使いやすいショートカットに設定

        ↓

Spotlight メニューが表示されたら起動させたいアプリケーションの名前を

入力し、一番上に表示されれば「return」キーですぐアプリケーションを起動できます。

 

 

windowsmacでは少しずつ違う部分もでてくるので

windowsからmacに買い換え時には注意が必要です。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

広告を非表示にする