読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

データサイエンティストとは?

みなさんこんにちは!

どうもchikokokoです。

 

今回は最近人気の職種となっておりますデータサイエンティストについて

ご紹介できればなと思います。

 

データサイエンティストとは 

データサイエンティストという言葉は2007年にできた新語であります。

データサイエンティストとは簡単に言うと統計学コンピュータサイエンス、データ分析を駆使して膨大なデータを構造化しながら整理して、解析結果を導き出すというものです。

さらに単に分析ではなく、分析基盤環境の構築、運用もデータサイエンティストの

役割であります。

データサイエンティストには仕事のなかで直感やひらめきが必要となる。これはロボットではうまく処理することができません。データサイエンティストには発明家や学者のような能力が必要となってきます。

データサイエンティストは企業内では貴重な存在となっており、今後も貴重な存在と

なっています。

さらに今日ではデータサイエンティストのような職種の人材不足の状態であるため、データサイエンティストという職種は今後の将来は安泰であると期待がされています。

しかし、この仕事は難易度も高く、高いスキルを求められます。

 

データサイエンティストになるには

データサイエンティストになるには弁護士であれば司法試験、医者であれば医師免許を取得するために国家試験に合格しなければ弁護士として活動することはできませんが、データサイエンティストになるには必要な資格は

ありません。

有利な知識としては大学時代に統計学やデータ分析等を専門的に学んでいた人には有利に働くでしょう。(しっかり勉強していればの話ですが・・・。)

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

広告を非表示にする