とあるITエンジニアたちの備忘録

新米エンジニア5人がお送りする、ちょっとためになる話

プロトコルとは

みなさんこんにちは!

最近革靴を追加で購入したchikokokoです。

普段プライベートで履く靴より多くなってしまいました。

 

今回はプロトコルについてお伝えしたいなと思います。

プロトコルとはネットワークを通じてコンピュータ同士がやりとりするための

約束事のことを指します。

そうすることによって異なるPC同士でもコンピュータ同士でやりとりすることが

できるのです。

プロトコルには様々な種類があり、「どんなケーブルを使って」、

「どんなデータ形式で」といったことが事細かに決まっています。

それらを7階層に分けたのがOSI参照モデルといいます。

各階層は

 

第7層 アプリケーション層     具体的にどんなサービスを提供するのか

第6層 プレゼンテーション層    データはどんな形式にするのか

第5層 セッション層        通信の開始から終了までどう管理するのか

第4層 トランスポート層      通信の信頼性はどう確保するか

第3層 ネットワーク層       ネットワークとネットワークをどう中継するか

第2層 データリンク層       同一ネットワーク間でどう通信するか

第1層 物理層           物理的にどうするのか

 

手紙でいうと

①手紙を封筒にいれる

②封筒に宛先を送る

③ポストに入れる

④郵便屋さんが運んでくれる。

⑤相手のポストに届く

⑥中身を確認する。

 

以上の流れを1層から7層までで行っているのです。

 

送るときは第1層から第7層までを行いメールを包装し

届いたら第7層から第1層の順で包装したメールを取り除いて

メールを確認するようになっています。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

広告を非表示にする